もくじ

小倉接骨院外観

おぐら接骨院
〒505-0121
岐阜県可児郡御嵩町中993−3
電話番号 0574-67-5721

QRコード

スタッフ紹介

院長 小倉健一
院長 小倉健一

●経歴

昭和44年4月3日生
昭和60年3月
  御嵩町立上之郷中学校卒業
昭和63年3月
  岐阜県立東濃高等学校卒業
平成 2年3月
  米田中部柔整専門学院卒業
平成 2年4月
  柔道整復師免許取得
平成 2年4月
  名倉堂接骨院にて実務研修開始
平成 8年4月
  名倉堂接骨院実務研修終了
平成 8年7月
  おぐら接骨院開院
平成20年3月
  キネシオテーピング協会認定トレーナー資格取得
平成21年1月
  キネシオテーピング協会認定療法家資格取得
平成21年4月
 トリガーポント療法に出会いセミナーに参加
平成24年5月
 トリガーポイント研究会入会
平成27年3月
 トリガーポント研究会中級セミナー終了

 

●会員及び保持資格
(社)日本柔道整復師会 会員
(社)岐阜県柔道整復師会 会員

名倉堂接骨院宮田会 会員

トリガーポイント研究会 会員

トリガーポイント研究所 賛助会員

柔道整復師免許 第5272号


キネシオテーピング協会認定
サーティファイド・キネシオテーピング・トレーナー(CKTT)
サーティファイド・キネシオテーピング・プラクティショナー(CKTP)

 

●このお仕事をはじめたきっかけは?
父親の腰が悪く、ヘルニアの何度も手術をしており、父親の腰を少しでも楽にしてあげる為に自分にできることは何かと思った時に接骨院という仕事をしったのがきっかけです。
それと、人の為に何かしたいと思っていたこともきっかけの一つです。

 

●このお仕事をしている上で、どんなときが一番嬉しいですか?
すべては患者さんの笑顔の為に をモットーに施術をして患者さんが良くなったよと嬉しそう私に話していただけた時が最高に嬉しいです。

 

●尊敬する先生はいますか?
名倉堂接骨院前院長 宮田勝生先生
(私の師匠です)柔道整復師としての「心・技・体」すべてを学びました。
関西医療大学教授 黒岩共一先生
現在トリガーポイント研究の第一人者であり、先生のセミナーに参加中です。

 

●趣味
ソフトバレー・金魚飼育

 

●患者さんへ、悩んでる方へメッセージ
何でも治せるわけではありませんが私にできる最大限の施術、努力をいたします。
一度おぐら接骨院の門をたたいてみて下さい。
自分の体が元気なかぎり患者さんの為に仕事をしたいと思っています。

川井久美子(かわいくみこ)
川井久美子(かわいくみこ)

●おぐら接骨院で働くようになったきっかけは?
ソフトバレーで指の腱を切っておぐら接骨院で治療していただいた時(今まで大きな病気もケガもした事がなく、接骨院も初めてでした。)求人をみかけ、今まで働いている所に頼みに頼み込んで、時間短縮をしていただいて、おぐら先生にもわがままを聞いていただき、働くようになりました。

 

●このお仕事をしている上で、どんなときが一番嬉しい?
骨折された方がどんどん良くなっていく姿を見ると嬉しいです。自分がけがをしたときに助けていただけてほっとしたので、患者さんの不安な気持ちが少しずつなくなり、安心して帰られるときは一番嬉しいです。

 

●お休みの日はどんな風に過ごしている?
家事・ピアノ・水泳・食べること・動くこと・寝ること

 

●趣味
ピアノと歌(日頃の生活全て忘れて時間もたつのを忘れるほど熱中できます)
水泳(1週間に3~5回ほど500m泳いで100m程水に浮かんで遊んでいます。プールから出たときは気分爽快元気ハツラツ!)
加圧トレーニング

 

●一言
死ぬまで青春だと思っています。やりたい事が山程ありますが出来る様になった時が、適齢期だと思って焦らず今起こることを必死でこなしていく毎日です。支えてくれる皆様に感謝です。
患者さんの笑顔を楽しみに、毎日奮闘中です。

葛谷三千代(くずやみちよ)
葛谷三千代(くずやみちよ)

●おぐら接骨院で働くようになったきっかけは?
募集のチラシを見てから先生に声をかけました。

 

●このお仕事をしている上で、どんなときが一番嬉しい?
患者さんに「楽になって良かったわあ」と言われる時。

 

●お休みの日はどんな風に過ごしている?
ほとんど子どもと一緒に行動しています。

 

●趣味
鳴子(バサラ)踊り デコパージュ

 

●一言
治療に来られる患者さんや接骨院の力になれる様に頑張っていきたいです。